サイトメニュー

精神病がひどい場合

悩む成人女性

費用と仕組みを知っておく

大学生は、就活をしている場面でうつ病になるようなこともあります。例えば、いくつか会社を受けていたもののすべて不合格の場合などです。今まで自信満々で就活をしていたにもかかわらず、見事にその予想が裏切られたとすれば、精神的におかしくなってしまいうつ病になることも考えられます。もちろん、すべての人がうつ病になるわけではなく、一定の条件の時にうつ病になるわけです。このような場合、傷病手当などは通常認められません。傷病手当は、働くことができない期間が続いた時に、もらえるお金だからです。そうだとすれば、学生の身分ではまず傷病手当を期待できません。一方で、今まで会社に勤めていたけども、病気で会社に行けずその会社を辞めてしまった場合には傷病手当をもらうことができる可能性があります。例えば、新しい会社を探すため就活をしている場合でももらうことができるといえるでしょう。しかも、ありがたいごとに病気と診断された時までさかのぼってもらうことが可能です。1カ月以上前からうつ病の状態が続いており会社を休んでしかも病院に行き診断していれば、その期間までさかのぼり傷病手当金をもらうことができるわけです。さかのぼることができる期間は、1年半までとされています。

就活中でも、今まで会社に勤めており休職期間が1週間以上ある場合にはうつ病の場合でも傷病手当金をもらうことは可能になります。ただ、もらう場合には会社に申請しなければなりません。そのため、就活中でしかも前の会社を退職してしまった場合には多少もらいにくいかもしれません。ですが、少なくとも給料の2/3ほどもらえる仕組みになっていますので、その場合は確実にもらっておいた方がよいでしょう。1週間程度休みが続いている場合には、もらうことができますが長期間に及べば及ぶほどもらえる金額は大きくなります。この時、病院から診断書を受け取っておきましょう。そもそもうつ病の場合、診断書がなければ本当にうつ病かどうかもわからないわけです。もし診断書がなくても申請しお金が振り込まれるとすればうつ病だとうそをついている人でもお金をもらうことができてしまい明らかに制度として欠陥があることになります。もし診断書をもらう場合には、現在通っている病院の先生に書いてもらう必要があります。病院の先生も、患者から診断書を書いてほしいと言われれば書く義務があるのです。診断書作成にかかる費用は、およそ\1000ほどになりますのでそれほど大きな負担になることはありません。

病気になったら

医者と看護師 就活中にうつ病になってしまった場合には、精神科や心療内科に通うことが重要になります。薬ももらいますが、結果的に良くなるのはどちらかと言えば医者が話を聞いてくれる場面です。相談するときは、ポジティブな友人などは避けてプロの先生に任せましょう。

詳しく見る

どんな改善方法があるのか

聴診器 就活でうつ病になってしまっても落ち込むことはありません。心療内科できちんと治療をすれば治ります。その際、信頼できる心療内科を探すことが大事です。選び方としては実績や口コミなどを参考にするといいでしょう。

詳しく見る

治療に専念する

カウンセリング 就活がなかなかうまくいかず、それによってうつ病を発症してしまうという学生が増えてきています。この場合は一時的に就活を中断し、まずは治療に専念することが何よりも大事です。早期治療によって早期回復できるかもしれません。

詳しく見る

心療内科を受診してみる

病院外観 就活をしている人は、なかなか内定が取れないと、気分が落ち込んだり、やる気が出ないなどのうつ病の症状が見られることがあります。就活うつ病は、就職活動が終わると改善することが多いです。身内や友人などに悩みを聞いてもらうことも大事です。

詳しく見る

Copyright© 2019 どれぐらいの相場になるかやその仕組みを理解する All Rights Reserved.