サイトメニュー

病気になったら

医者と看護師

知っておきたいことや気をつけること

人間は、脳の働きで様々な病気が制することがわかっています。特に最近は、精神的な病気が蔓延しておりうつ病などになっている人が少なくありません。うつ病になる人は会社員に多いですが、会社員の人ばかりではなく、就活中に鬱病になることがあります。特に、ニュースなどを見ていると、就職活動が厳しいといった内容のものが取り上げられているとすれば、ついネガティブに考えてしまい就活をするにあたりうつ病になってしまうものです。この時知っておきたい事は、うつ病の場合には精神科や心療内科に行けば医師が話を聞いてくれることです。基本的に、精神科や心療内科にいけば薬をもらうイメージがあるかもしれません。確かに、薬もらうことがあるかもしれません。精神安定剤や、睡眠薬などをもらいうつ状態を改善されています。ですが実際には、それらの薬をもらったとしても病気が治るわけではありません。実際に病気を治していくのは、最終的に自分の力になります。ただ、精神科や心療内科としても自分で直すための方法を教えてくれます。基本的に、精神科や心療内科の先生は何か積極的に治療をするような事はあまりありません。それよりも、心の悩みを聞いてくれ本人に現在どのような悩みがあるかを意識させることで病気を解決していくわけです。

就活中にうつ病になってしまった場合には、うつ病の影響により就活を続けることができない可能性もあります。特に、何社か面接を受けて落ちてしまった場合には精神的に落ち込んでしまい、それがうつ病の引き金になりかねません。このような場合、よくインターネットの掲示板などを見て精神的に安定させようとする人がいますが、多くの場合逆効果になります。なぜなら、うつ病に対して理解がない人が書き込んでいる可能性も高いからです。罵詈雑言などが書き込まれており、逆効果になる可能性が高いわけです。また、友人などに相談するのも良いですが予定を選ばなければいけません。特にポジティブな友人親などに相談してしまうと大丈夫だからなどと言われて余計に落ち込むことがあります。頑張った方が良いなどと言われてしまうと、もはや自分ではどうすることもできず余計にひどい状態に落ちてしまうことがあります。このような場合には、心療内科や精神科に行きプロに相談をしてみましょう。基本的に、心療内科や精神科の先生も話を聞いてくれますが、何か積極的にアドバイスをするような事はあまりありません。しかし、話を全て吐き出して、医者がそれに共感してくれることで自分の心の中のことがよくわかるようになるため、効果的です。

Copyright© 2019 どれぐらいの相場になるかやその仕組みを理解する All Rights Reserved.